仮面ライダーV3

今回は、仮面ライダーV3です。










V3の放送当初、僕らガキの間では、
賛否両論の嵐が吹き荒れていました。

話の展開や、ダブルライダーの出てく
るくだりは、言わずもがな、最高です
が、問題はV3の顔のデザインです。

みんな、口を揃えて、仮面ライダー豚
スリーだ!と罵っていました。今とな
っては、自分も全く気になりませんが
当時のガキ達にとって、仮面ライダー
の顔のデザインって、とても重要な事
だったのです。

なんせ、本郷猛の旧ライダー1号から
一文字隼人の2号、そして新1号と、
リアルタイムで毎週欠かさず見ている
ヒーローです。特に旧1号のデザイン
や色味が、大好きでたまらない、と言
う僕らには、顔の大半を占める、あの
白いガタガタ部分が許せなかったので
す。

人の感覚って不思議ですね。そして今
また、このV3の顔デザインを冷静に
見直してみると、なんか女性用パンテ
ィーを被っているように見えて仕方が
ありません、、、。

変態仮面は、言わずもがな、絶対にこ
のV3が、デザインの元のインスパイ
アになっていると思う。

ただ、V3の放送内容は、というか、
敵のデストロン皆カッコイイし、幹部
達のデザインもヤバイし迫力あるし、
とにかく、風見四郎が、かっこよかっ
た。洋服に白を入れ込んだセンスも、
好きでした。デストロンの戦斗員にも
白いのいましたよね。あれ、やばかっ
たです。






このスリーショットは、第一話
ライダー3号 その名はV3 
のシーンを思い出しますね。






写真 補足
仮面ライダーV3 マフラー欠品 バンダイ製
仮面ライダーV3 日焼けジャンク袋入り バンダイ製

仮面ライダーV3 1973年2月17日-1974年2月9日 全52話 毎日放送、NET系で放映