宇宙生物の卵・ヨーダ風の生物

今回は、宇宙生物の卵・ヨーダ風の生物です。






「宇宙生物の卵」シリーズという名称
が、分かっていない状態で、大袋に詰
められた、ガチャガチャの中身の開封
作業していたわけですが、、

昨日、一昨日、投稿の生物は、背中の
X刻印が共通して、彫ってあったので
仲間だと、直ぐに分かりました。

この「ヨーダ風の生物」は、カプセル
も違う物から、出て来たし、大きさや
ソフビの製品としての、ボリューム感
も、やや違うし、これは、ただのスタ
ーウォーズのニセモノ玩具関連では?

と勝手に烙印を押してしまい、グレー
や青い生物とは、違うシリーズの物だ
という事にしてしまいました。

しかし後日、筐体用のインレイ(実際
の商品見本が、何体か貼り付けられた
台紙)を見せてもらい、大きめな怪物
のソフビもラインナップにいるので、
大きめなメッキが、かけられた、卵の
形態をしたカプセルも、「存在自体が
有り」という事にも繋がって、、、

更に、この「ヨーダ風の生物」も台紙
に、しっかり貼り付けられていたのを
確認させてもらいました。

「宇宙生物の卵」とはスターウォーズ
のニセモノ関連の玩具も、組み込んだ
壮大な、宇宙規模なスケール感で商品
構成されたシリーズだったのです。

シリーズは全12種類で構成

台紙の仕様がエイリアンの劇場ポスタ
ーを少しマネた挿絵をアレンジしてい
る事もあり、あのH・R・ギーガーが
デザインしたあの、エイリアンの偽物
のソフトビニール製品が、日本劇場公
開時期1979年(もしくは1980
年代初頭時期)に、日本の地下、駄玩
具流通経路では既に存在していた?!
かも、、、

なんて、妄想していたら、またなんか
とっても、ゾクゾクしてきましたよ。

まぁ、冷静に考えてみても、その可能
性は、限りなく少ないだろうなぁ、、

自分のスターウォーズコレクションな
んてものは、本当にショウモナイもの
しかなくて、自分が好きで探している
のは、ゼトカくらいかなぁ、、、。し
かも、スターウォーズシリーズでは無
いオリジナル宇宙ラインの方のゼトカ
が、好きなのでついでにという有様。

今回久しぶりに「シースリーピオ」の
ソフビ人形(タカラ製)と並べて撮影
してみました。大きさは、全然違いま
すが、やはり、リアルタイムの時代感
は、ばっちり合っているので、なんか
良いですね。(日本製タカラの商品説
明とか、シースリーピオという呼び名
で、よく印刷されていましたよね)

なんか、スターウォーズ周辺の事を、
考えていたら、あるワードを思い出し
てしまいました。

「バウンティ・ハンター」

昨日投稿の青い生物の顔って、なんか
バウンティ・ハンターの、ザッカス、
4LOM系だよなぁ、、、、それに、

グレーの生物の顔って、みつくち部位
意外は、イウォーク系だよなぁ、、、

それぞれ、身体は、作り替えているけ
ど、スターウォーズという括り、から
考えていけば、4LOM・イウォーク
を想像させるラインナップだなぁ、、

このヨーダ風の生物の背中の刻印番号
は「2」です。謎は深まるばかりです
















写真 補足

宇宙生物の卵・ヨーダ風の生物 製作会社不明