ミサイル・ゲッター1

今回はミサイル・ゲッター1です。




ゲッターロボって、特にゲッター1の
外見なんですけど、これってもう赤鬼
以外の何者でもない気がします。

とにかく、原作者の一人である、永井
豪先生の永遠のテーマとも言ってもよ
い、鬼と悪魔なんですが、悪魔の象徴
とも言えるキャラクターデザインが、
デビルマンであるのならば、鬼の象徴
とも言えるキャラクターデザインの一
つに、この赤鬼まんまとも、とれる外
見の、このゲッター1が上げれるので
はないでしょうか。赤い鬼のイメージ
をロボットヒーローのデザインに落と
し込むって、並大抵の事では、出来な
いですよね。(ってか、勝手にもう、
鬼を元にデザインって決めつけちゃっ
ていましたけど、すいません、いつも
のハヤトチリです)

それか、もう一人の原作者でもある、
石川賢先生のテイスト、そして依頼者
でもある東映チームの味や色も、加味
されての、あの出来なのですかね。

その後、恐竜帝国の後に出てくる事に
なる百鬼帝国という名称などを見ても
絶対に鬼のモチーフは有りますよね。

僕にとって、ゲッター1とゲッタート
マホークって、セットの物なんで、手
にあのトマホークを握っていないと、
なんか物寂しいですね。なので、斧を
持っている、と仮定させてもらい、今
回は、ゲッター1には、腕を振り上げ
させているポージングで撮影にのぞみ
ました。

ただ、今回撮影で非常に、困難だった
部分が有ります。僕は、ゲッター1の
腕を振り上げさせたいのですが、胸の
赤い部分のパーツの迫り出し部分が、
意外と大きく、腕がつっかえてしまい
腕が上に上がらないのです。そこは、
この人形の材質である、ソフトビニー
ルの利点を利用して、身体暖め作戦を
決行させてもらい、ふにゃり、と身体
が柔らかくなった隙を見計らって、腕
をグインッと回させてもらいましたよ

今回の、撮影で再確認させてもらった
ゲッター1のカッコいい部分で、両方
の角の下にある、繊細で尖った、耳が
丁寧なデザインで、僕にはこの造形が
ビシビシ刺さりましたね。

後は、色です。なんか、普通にゲッタ
ー1?あぁ赤でしょ?って感じだった
んですよねぇ昔は。でも今回この人形
の写真をガン見してて、これは朱色で
しょ!と再確認ですよ。しかも、その
朱色と、水色のコンビネーションには
目がクラクラ来ましたね。朱色って、
そんなに、好きな色では無いんです。
基本的には。なんかミルフの色ですよ
(ミルフ=おばさん・おばさん達の塗
ってる、口紅の色ってイメージがある
んですよね、何故か)ゲッター1ガン
見のおかげで、朱色の良い部分、とい
うか、色は、やはり隣り合う色との、
コンビネーションだなぁと再認識出来
たというのが収穫。なんか、マッハバ
ロンや、ストロングザボーガーの人形
の赤ではない、なんか朱色かかった赤
という色見に、もやもや感はあったん
です。でもここに来て、ド直球朱色と
水色のペアに、完全に打ち抜かれまし
た。








写真 補足
ミサイル・ゲッター1 バンダイ製

ゲッターロボ 1974年4月4日−1975年5月8日 フジテレビ系で放映 全51話

追記

少し、意外だった事で、今回少しゲッ
ターロボの事を、オサライも兼ねて、
調べていて、ゲッターと検索ワード入
れると、ゲッターズ飯田の方が、全然
出て来てしまう、この世の中という事
やはり占いって強いですね。特に女性
の方が、好きですよね、そうゆうの。
僕なんか『ゲッター』といったらば、
もう瞬時にゲッターロボしかないでし
ょ!って感じなのに、世の中の人達に
とっては、『ゲッター』といったら、
もうゲッターズ飯田、一択なんですよ
ね。また一つ勉強になった、というか
世間の事を、知る事が、出来ました。
インターネットって面白いですね。

あと、朱色=おばさんって、おばさん
の事は決してディスってはいませんよ
僕も爺さんになり、ビデオ見る対象も
段々変わってきて、昔は全然観れなか
った、ぐねぐね動くおばさん達の映像
も普通に観れるようになりましたから

あと、またまた朱色についての、僕の
イメージですが、少し前女子の間で、
よく見かけた、酔っぱらいメイクの、
目の下のチークの色が、自分にとって
の朱色のイメージです。僕はあの二日
酔いの顔を、疑似で演出する意味が、
まったく理解できませんでした。でも
普通に考えて、疑似の酔っぱらい顔が
ビューティーに繋がるって、そんなん
有り、無し、で言えば、普通無しでし
ょ!酔っぱらい風の顔って、コントの
中だけの物だと、思っていましたね。
そこが理解不能の自分の感覚が、もう
まさに、自分は爺さん判定下ってるっ
て事なんですよね。